お米 品種 コシヒカリ

HOME>余ったご飯の保存法

お米の品種 コシヒカリ

コシヒカリは現在、日本各地で一番多く作付けされている品種です。

1979年(昭和54年)からずっと一位の座を保ち続けています。

 

コシヒカリは1944年新潟県の農業試験場で「農林22号」と「農林1号」との掛け合わせで生ま

れました。

その後は、福井県の農業試験場で育成され、1953年、「越南17号」として全国20府県で適

応試験が行われましたが、その結果は、茎が弱くて倒れやすく、穂首いもち病に弱い、収量

も安定はしているが多くはない、未熟米も多いなど、否定的な意見が多く、育成された福井

県ですら奨励品種採用されませんでした。

 

しかしながら、新潟県や千葉県では、その当時の主要品種よりも安定した収量と、葉いもち

への強さ、何より米の品質が非常に良かったことから奨励品種採用を決めました。

 

このことから、新潟県は、かつて福井県と新潟県が含まれていた地域である「越国」(こしの

くに)にちなみ、「越の国に光輝く米」を願い「コシヒカリ」と命名しました。

コシヒカリは、1956年に農林登録され、農林品種としては農林100号の番号となりました。

 

かつては、倒れやすく栽培が難しいと考えられていたコシヒカリですが、倒れない栽培方法

の研究が進むと、寒さに強く、穂発芽(収穫前の降雨などの影響で穂の状態のまま芽が出

てしまうこと)しにくいことなどの特性に注目され、やがて今のように全国へと広がっていきま

した。

 

食味の良さは、日本穀物検定協会による「米の食味ランキング」において各生産地で最高

品質の「特A」を始め、高い評価を受けていることからもわかります。

 

中でも新潟県の魚沼産のコシヒカリは、ブランドとしても確立しており、高値で取引されてい

ます。

 

新潟県周辺の内陸部では、夏季に、昼間は高温になっても、夜間は風通し良く熱帯夜にな

らないという特性があり、日中は太陽の日差しをたっぷり浴びて稲が活発にでんぷんを作り

、夜間はそれらを呼吸であまり消費せず蓄えることができるため、実に美味しいお米になる

のです。

 

今や店頭にはたくさん「コシヒカリ」と表示されたお米が販売されていますが、実はコシヒカリ

を更に品種改良し、いもち病に強くしたコシヒカリBLと呼ばれる品種群に、ほとんどが置き

換わっています。

新潟県産コシヒカリの実に9割以上がいわゆるコシヒカリBLであると言います。

 

しかし食味は従来のコシヒカリとほとんど変わらず、「米の食味ランキング」でも同様に高い

評価が得られています。

 

コシヒカリは長らく日本一の作付面積を誇っていますが、それはこのように、食味も育てやす

さも、適した環境なども追及し改善し続けている努力の成果なのです。

古くからある品種だと侮るなかれ、まだまだ進化途中、奥の深い品種なのです。

topback



Copyright© 2010 All Rights Reserved.

当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。 自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。