お米の種類

HOME>お米の種類

お米の種類

お米の種類には、「ジャポニカ種」「インディカ種」「ジャバニカ種」の3種類あります。

それぞれの種類についてご紹介します。

 

ジャポニカ種

[日本型、短粒種、学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャポニカ]

ジャポニカ種の特徴としては、形が丸みを帯び、炊飯米は粘りがあること。

世界で生産されているお米の約2割弱がこのジャポニカ種です。

日本では、全量がほぼジャポニカ種で栽培されています。

日本や朝鮮半島、中国北部を中心にジャポニカ種が栽培されています。

炊いたり蒸したりして食べるのが美味しい食べ方です。

 

インディカ種

[インド型、長粒種、学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・インディカ]

インディカ種の特徴は形が縦長で、粘りが少ないこと。

世界的にはジャポニカ種よりもインディカ種の生産量が多い。

インド、タイ、ベトナム、中国、アメリカ大陸でインディカ種が生産されています。

ジャポニカ米に比べると、粘り気が少ないため、パサパサした食感です。炊いたりするよりも

、煮て食べるのが一般的です。

 

ジャバニカ種

[ジャワ型、大粒種、学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャバニカ]

ジャバニカ種の特徴は長さと幅ともに大きい大粒で、粘りはインディカ種に近いこと。

ジャワ島、インドネシア、東南アジア、イタリア、スペインでジャバニカ種が栽培されていま

す。

味はあっさりとしていて、熱を加えると粘り気が出ます。でも、ジャポニカ米よりは粘り気はな

いです。

債務整理 名古屋

topback



Copyright© 2010 All Rights Reserved.

当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。 自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。