お米の歴史

HOME>お米の歴史

お米の歴史

稲作の起源は中国だといわれています。

縄文時代中期に、中国から台湾、琉球を経て九州南部に稲作が伝わり、その後九州北部、

中国・四国へと伝わったという説がありますが、日本に稲作が伝わった説はいくつか存在し

ています。

 

日本で稲作が行なわれるようになったのは、縄文時代の紀元前約3500年前から陸稲によ

る稲作が行われていたと言われています。

 

陸稲(りくとう)とは、野稲とも呼ばれ、畑で栽培される稲のことを言い、歴史てきに古くから

陸稲で稲作が行なわれていたとされています。

他にも、水稲(すいとう)という方法があり、畑よりも水田の方が品が高く、収穫量が多いため

、日本では水田を利用して稲作をしている所が多い。

 

水田の光景は、どこか懐かしくほっとする風景でもあります。

田遊びや田植、田植踊、御田祭、御田植、御田舞などと稲の豊作を祈るために各地域で多

くの儀式や祭り、芸能が今なお伝承されています。

宮廷でも、稲穂を天照大神に捧げる儀式を行う行儀があります。

 

日本人にとってはるか昔から、お米は大切な存在であることがお米の歴史を調べると分か

ります。日本の未来もお米はなくてはならない存在であり続けることでしょう・・・・

過払い請求 名古屋

topback



Copyright© 2010 All Rights Reserved.

当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。 自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。